読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

CLでのサービス起動時などにUbuntuがserviceコマンドを推奨してきた

環境

  • Ubuntu10.04

以前は

mysql, cron などのサービスの起動,停止,再起動,状態確認をするために以下を用いていた(例としてmysql)

$ sudo /etc/init.d/mysql start
$ sudo /etc/init.d/mysql stop
$ sudo /etc/init.d/mysql restart
$ sudo /etc/init.d/mysql status

今日,同じコマンドを打ち込むと以下のメッセージが表示された

Rather than invoking init scripts through /etc/init.d, use the service(8)
utility, e.g. service mysql start

Since the script you are attempting to invoke has been converted to an
Upstart job, you may also use the start(8) utility, e.g. start mysql
mysql start/running, process 7336

/etc/init.d を使うよりも service(8) utility を使った方がスマートなんじゃない?とのこと(前半のみ).初めは"e.g."以下がコマンド例を挙げていることに気付かずにググることに.参考ページはなくしちゃいましたが理解できました.また,ただのメッセージなので動作自体は正常に動いているようですが(最後の行からして),とっても気持ち悪い.
ということで

今後は

$ sudo service mysql start
mysql start/running, process 7144

このようなコマンドを使います.なーんだ.あまり変わらないですね.

ちなみに

apache2 については従来の

$ sudo /etc/init.d/apache2 start

を使用してもメッセージを出さなかったです(なぜか).もちろん

$ sudo service apache2 start

は使えるので今後はこれを使うことにします.