読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

XML-RPCを知る,環境はUbuntu

研究(SBM) xml ゼミ ubuntu

概要

下図はより抜粋

クライアントがXML形式のテキストで記述された型付の引数をサーバ側アプリケーションに渡し、サーバが返り値を同じくXML形式のテキストで返すという動作をする。

perlのサンプルプログラム

Frontier::Clientのインストール(参考ページ1).

#ダウンロードとコンパイル
$ wget http://www.cpan.org/modules/by-module/Frontier/Frontier-RPC-0.07b4.tar.gz
$ gunzip -c Frontier-RPC-0.07b1.tar.gz | tar xvf -
$ cd Frontier-RPC-0.07b1
$ perl Makefile.PL
$ make
$ make test
$ sudo make install

perlプログラムの作成(参考ページ2).

$ vim test. pl

以下を記述.

use Frontier::Client;
$server = Frontier::Client->new(url => 'http://betty.userland.com/RPC2');
$name = $server->call('examples.getStateName', 41);
print "$name\n";

実行

$ perl test.pl

表示

$ South Dakota

リモートのサーバに接続し、州名を得 て、それを表示します (この例の州番号 41 は South Dakota)。

ということで

大まかなイメージはつかめた.根っこの部分は「クライアントがxml形式のテキストでデータを要求すると,サーバがxml形式のテキストで要求されたデータを返してくれる」ってこと.

その仕組みをプログラム等で呼びやすくしたものがAPIってところか...いや,それだと先程のサンプルプログラムはAPIを使用したということになるのか...?

あれ?XML-RPCAPIの違いが曖昧になってきたぞ...ぐぐると「XML-RPC API」なる言葉が.つまり,先程のプログラムはXML-RPCを利用するためのAPIを使用したものだったということだろう.

さて,休憩はこれくらいにして明日のゼミ資料をまとめよう.